http://jterap.jugem.jp/

<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< パリの教会 サント・シャペル(Sainte Chapelle) | main | サクレ・クール寺院(Basilique du Sacre−Coeur) >>
サン・ジェルマン・デ・プレ教会(Saint Germain Des Pres)
次に訪れたのがサン・ジェルマン・デ・プレ教会です。昼食のためにサン・ジェルマン・デ・プレあたりをうろうろしていたら教会があったので見学しました。パリで最も古い教会でロマネスク様式の教会だそうです。 ロマネスク系の教会はゴシック様式のものと違って、慎ましやかな感じがします。




JUGEMテーマ:PARIS





内部はしんとしていて、なんとなくかび臭いような雰囲気が歴史を感じさせます。訪れている人も観光というよりは真摯に祈りをささげているようでした。






ロマネスク様式という割にはステンドグラスもあるにはあるのですが、サント・シャペルのような煌びやかなものではなく、どちらかといえばシンプルです。でもそのシンプルなステンドグラスはまた別の美しさを持っていました。






教会内部を歩いているとあちこちに聖女像やマリア像、聖人の像などがあります。なぜかこの女性像に目を惹かれました。



また、ステンドグラスの代わりなのか壁には数々の装飾画が描かれています。そして、装飾画の下の像はなんと聖フランシスコ・ザビエルだそうです。いわずと知れた、わが国にキリスト教を伝えた教科書でおなじみのあの彼です。結構ハンサムな像でした。


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://jterap.jugem.jp/trackback/101
TRACKBACK

Roy Tanck's Flickr Widget requires Flash Player 9 or better.

Get this widget at roytanck.com