http://jterap.jugem.jp/

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ルーブル美術館ー建物内部(2F)その5− | main | ルーブル美術館ー建物内部(2F)その7− >>
ルーブル美術館ー建物内部(2F)その6−
     ードゥノン翼2F イタリア絵画その1ー

ドゥノン翼の東側ではボッティチェリが私達を迎えてくれます。ボッティチェリは初期ルネサンスで最も業績を残したフィレンツェ派を代表する画家です。彼は時の権力者メディチ家の支配下にあったフィレンツェで第一線の画家として活躍しました。1481年ローマに呼ばれシスティーナ礼拝堂の壁画を制作しました。また、同年代には『春(ラ・プリマベーラ)』や『ビーナスの誕生』など異教的な神話を題材にした傑作を残こしています。このフレスコ画は、1873年にヴィッラ・レッミから発見された連作三点のうちの二点をです。この作品は、芸術の神たちの集いの前にいる一人の青年を描き出しているそうです。

サンドロ・ボッティチェリ (Alessandro FILIPEPI dit BOTTICELLI)1445-1510
『Un jeune homme presente par Venus ? aux sept Arts liberaux』
1483 - 1485年 フレスコ画
237cmx269cm






このフレスコ画は、メディチ家の縁戚に当たるトルナブオーニ家のものであったフィレンツェ近郊の大邸宅ヴィッラ・レンミあったものです。先の作品と対のもので、このフィレンツェの有力な名家の一員が結婚した際にボッティチェッリはこの装飾画の注文を受けたと考えられています。三美神に付き添われたヴィーナスは、若い花嫁が差し出す布の中に贈り物を置こうとしている場面だそうです。

サンドロ・ボッティチェリ (Alessandro FILIPEPI dit BOTTICELLI)1445-1510
『若い婦人に贈り物を捧げるヴィーナスと三美神』
1483−1485年頃 フレスコ画
211cmx283cm



サンドロ・ボッティチェリ (Alessandro FILIPEPI dit BOTTICELLI)1445-1510
『若い婦人に贈り物を捧げるヴィーナスと三美神』
1483−1485年頃 フレスコ画
211cmx283cm

この部屋には美しい天井画が描かれています。

Charles MEYNIER 1768 - 1832
『Le triomphe de la peinture francaise : apotheose de Poussin, de Le Sueur et de Le Brun』
815cmx360cm


この絵は、15世紀初頭に活躍したフィレンツェ派を代表する画家で、本名はグイード・ディ・ピエトロ。通称「フラ・アンジェリコ(天使のような画僧)」として呼ばれるよう、人格者としても名高いドミニコ会修道士でした。フラ・アンジェリコの作品は、宗教的主題に限られています。静謐で優美な表現に加え、鮮やかな色彩による人物描写が特徴だそうです。

フラ・アンジェリコ(Guido di Pietro dit FRA ANGELICO)1387-1455
『カルヴァリ山(キリストの磔刑)』(Le Calvaire)
1440 - 1445年 フレスコ画
435cmx260cm

次に続くサロン・カレと呼ばれている部屋は、床の寄木細工が見事です。天井も見事な装飾が施されています。サロン・カレはルイ14世の作った広間で、美術品の鑑賞と研究、王立アカデミー会員の作品展などが行われていました。一般には公開されていなかったものの、美術館の前身となった由緒ある広間なのです。 ここは映画「ダ・ヴィンチ・コード」の舞台となったことでも有名です。(映画ではグランド・ギャラリーといっていましたが、ソニエール館長が倒れていた場所は正確にはこの部屋だったと思います。)この部屋には、中世からルネッサンス期のの宗教画が展示されています。ルネサンス以前の宗教画は、聖書や宗教上の教義を伝えることが主要な目的なのです。宗教的な約束事に則っているのでどの絵もみんな同じように見えてしまいます。マリア様と幼子イエスの世界です。










これはボッティチェリの作品です。聖母マリアがボッティチェリ独特で美しい女神のように描かれています。

サンドロ・ボッティチェリ (Alessandro FILIPEPI dit BOTTICELLI)1445-1510
『聖母マリアに抱かれた幼子イエスと若き聖者ジャン・バプチスト』(La Vierge et l'Enfant avec le jeune saint Jean-Baptiste )
1470 - 1475年 フレスコ画
90cmx67cm


チマブーエは、13世紀にイタリアで活躍した画家です。形式が決まっていた宗教画の世界に立体感や人の表情を描き込み、ルネサンスの扉を開けた人なのだそうです。
この祭壇画『六人の天使に囲まれた荘厳の聖母』はかつてサン・フランチェスコ聖堂に旧蔵され、1280年頃に制作されたチマブーエの早期作品といわれています。額縁にはキリストと4人の天使、預言者や聖人が描かれた26個のメダイヨンで飾られていて、荘厳な感じです。

チェンニ・ディ・ペーピ、通称チマブーエ(Cenni di Pepe, dit CIMABUE)1272 -1302
『六人の天使に囲まれた荘厳の聖母《マエスタ(荘厳の聖母)》』(La Vierge et l'Enfant en majeste entoures de six anges (Maesta)
1280年頃 木版にテンペラ
427cmx280cm


これも祭壇画です。ジォットはパネルの主要部分に、アッシジの聖フランチェスコの生涯の主な出来事を描いています。ルヴェルナ山で祈りを捧げていた聖者に、セラフィム(熾天使)の姿になったキリストが現れ、十字架に架けられた際の聖痕を授ける場面だそうです。左では崩壊寸前の教会を支える聖フランチェスコを夢に見るインノケンティウス3世が、中央にはフランシスコ修道会の設立を承認する教皇が、そして右側には小鳥に説教する聖フランチェスコが描かれています。これは、神の御言葉が全ての生命に語りかけるということを示しているのだそうです。

ジォット・ディ・ボンドーネ(GIOTTO DI BONDONE)
『アッシジの聖フランチェスコの聖痕拝受』裾絵(祭壇画最下部の小画面)に《インノケンティウス3世の夢》、《修道会設立を承認する教皇》、《小鳥に説教する聖フランチェスコ》
1295-1300年頃 木版にテンペラ
313cmx168cm


これも祭壇画です

MAITRE DE SANTA VERDIANA 1377 -1392
『聖母マリアの即位式』(Le Couronnement de la Vierge )
1385 - 1390年
122cmx67cm


十字架から下ろされるキリストです。色彩がとても鮮やかです。

PIETRO DA RIMINI 1324 -1338
『La Deposition de Croix』
1325 - 1330年
43cmx36cm


小さな絵ですがマリア様がとても形式にとらわれず、とても優しそうな表情をしています。

NEROCCIO DI BARTOLOMEO DE'LANDI 1447 - 1500
『La Vierge et l'Enfant entre saint Jean-Baptiste et saint Antoine』
1480年頃?
43cmx32cm

どういう場面なのでしょうか?よくわかりませんが美しい絵です。

LIBERALE DA VERONA 1445 - 1527/29
『L'Enlevement d'Europe』
1470年
39cmx118cm


受胎告知の場面なのでしょうか?身ごもっているマリア様が描かれています。

ロレンツォ・ヴェネチアーノ(LORENZO VENEZIANO)1356 -1372
『La Vierge a l'Enfant』
126cmx56cm


ピサネッロはゴシック様式末期の画家のひとりとして知られています。様々な宮殿で壁画、板絵、肖像画などを制作しました。これは王女の肖像画だそうですが、誰なのかな?

ピサネッロ(Antonio Puccio, dit PISANELLO)1395 - 1455
『若き王女の肖像』(Portrait d'une jeune princesse)
1435 - 1440年頃
43cmx30cm



ペルジーノ・ピエトロ ヴァヌッチ(Pietro di Cristoforo VANNUCCI, dit PERUGIN) 1450 - 1523
『アポロンとマルシュアース』(Apollon et Marsyas)
1495 - 1500年 ?
39cmx29cm




JUGEMテーマ:PARIS



スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://jterap.jugem.jp/trackback/140
TRACKBACK

Roy Tanck's Flickr Widget requires Flash Player 9 or better.

Get this widget at roytanck.com